2018年1月14日日曜日

小雪(二十四節気)雉始雊(七十二候)1月15日~19日 加曾利貝塚特別史跡記念ミニミニ展示 「どんど焼き」 梅一輪

 二十四節気「小雪」の七十二候末候は、「雉始雊(きじはじめてなく)」です。写真は、2年前の初夏に「加曾利貝塚」で撮影した「雉」です。「房総のむら」でなくて申し訳ありません。今回は、千葉市の「加曾利貝塚」を紹介するために、この写真にしました。
 千葉市の「加曾利貝塚」が昨年10月13日付けで国の「特別史跡」に指定されました。「加曾利貝塚」は、開発から守られ昭和46年に国の「史跡」に指定されていましたが、今回は”昇格”して”史跡の国宝”に相当する「特別史跡」に指定されたのです。千葉県は貝塚が日本一、世界一多い地域です。皆さんのお住いの近くにも「貝塚」があるのではないですか?そんな中でも、教科書にも登場する「加曾利貝塚」が一番知られているのではないでしょうか。その「加曾利貝塚」の「特別史跡」指定を記念して、千葉県では「千葉県まるごと加曾利貝塚イヤー」として県内各地で展示会などを開催しています。「房総のむら」では、1月28日まで「風土記の丘資料館」で「加曾利貝塚のミニミニ展示」を行っております。この機会に、「加曾利式土器」がどんなものかご覧ください。
 「上総の農家」の”生活歳時記”「どんど焼き」です。「どんど焼き」は、”小正月”の日に”正月”に使った”門松”や”注連縄”などの”正月飾り”を燃やして、その年の”無病息災”などを祈る行事です。「どんど焼き」(長生郡長柄町など)、「大火焚き」(南房総市山名など)、「お飾り焚き」(市原市菊間など)、「上り正月」(銚子市名洗など)と地域によって呼び方に違いはありますが、各地で行われてきました。”焚いた炎”の熱を浴びると病気にかからないとか、燃やした”書初め”が高く舞い上がると字が上達するなどと言われています(防災の観点から「房総のむら」では紙類を除いています)。また、”その火で焼いた餅”を食べると”風邪”をひかないとも言われます。積み上げられた”やぐら”に火をつけた時には、”やぐら”の周りは霜で白かった(写真:上左)のですが、炎が大きくなるにつれ真っ白な水蒸気に変わりました(写真:上中・上右・中左)。体験者の皆さんは、”先端に餅のついた竹”を持ってかなり下がって”炎”を浴びていましたが、それでもかなりの”熱気”を感じていました。時々、「どーん」と竹が爆ぜる音が聞こえました。”やぐら”が燃え尽きたら、残り火を広げて「餅焼き」です。ほとんど燃え尽きてはいますがそれでもかなりの熱気ですので、「餅」は竹の先に挿して焼きます。皆さんで円陣を組んで「餅焼き」です(写真:中右・下左)。焼きあがった「餅」は、”砂糖醤油”をつけて食べていただきました。体験者のお子様も「おいしい!」と(写真:下右)。これで、皆さん今年も”無病息災”間違いなしですね。届けられた”正月飾り”もすべて焚き上げました。今年も100個の餅は完売でした。
 こちらは、「下総の農家」の「ユウガオ細工」です。”ユウガオ(夕顔)”は「干瓢(かんぴょう)」を作る植物ですが、実の外皮を乾燥させると「瓢箪(ひょうたん)」のように固くなることから、昔からいろいろな生活用具を作る材料にもなってきました。一般的には、「炭入れ」や「花器」などの容器が多かったようですが、栃木県では”魔よけのお面”なども作られてきました。「下総の農家」で採れた野菜を持った体験者の方は、”ランプシェード”にするのだそうです(写真:右=外皮に小さな穴が穿けられています)。やわらなかい”ほのあかり”が目に浮かびます。
 「商家の町並み」「川魚の店」の「なまず料理」です。「なまず」(写真:上左)は、今は”魚やさん”でも見かけませんが、かっては全国で食されていました。日常の食べ物以外にも、”お祝いの時”や、”産後の肥立ち”など”滋養強壮”によいとして食べられる例もありました。食べる時期としては、「なまず」が大きくなりしまってくる冬場がよいとされています。「うなぎ」に比べると、脂も少なくさっぱりした淡泊な味です(写真:上右)。”むらのメニュー”は、印旛沼周辺に伝わる「ひっこがし」(なまずのみそ汁)とフライです(写真:下)。魚の姿からは想像できないあっさりしたおいしさに、「もう一つ食べたい」との”お替り”の注文もいただきました。年に一度の体験ですので、来年もお楽しみに。

 「安房の農家」「茅葺屋根の葺替え」の進捗状況です。「主屋」の正面の”茅の表層の葺替え”も進んできました。古い茅を剥がした後に、”水切り茅(ヨシ)”が一面に敷かれています(写真:上左・上中)。(写真:上右=赤囲いの”茅”)そして、写真下が、その上に一番外(表)になる”茅(シマガヤ)”が軒先から葺かれ始めたところです。(写真:上右=青囲いの”茅”) 
 「下総の農家」と「安房の農家」の間の「スイセン」です。11月17日の「金盞香(きんせんかひらく)(七十二候)(「スイセン」は、白い花冠の中央を飾る濃黄色の盃状の副花冠のようすから、金盞(金の盃)呼ばれたとも)」には咲かなかった「スイセン」が、やっと咲き出しました。 

 「武家屋敷」「茶室」の「紅梅」です。「梅」の花が一輪咲きました。「梅(むめ)一輪一輪ほどの暖かさ(服部嵐雪)」。「大寒(二十四節気)」を前にした寒い冬の日ですが、梅の蕾が”一輪ほころび”、また”一輪ほころび”ながら日ごとに春が近づいて来るのですね。「房総のむら」では、今年最初の「梅」の開花です。

2018年1月13日土曜日

コセリバオウレン

最近、お問い合わせが多いコセリバオウレンの状況をお知らせします。

上総の農家とおまつり広場を結ぶ、むらの架け橋手前の両側に咲いています。
まだたくさんは咲いていませんが、昨日は橋に向かって右の方が目立っているように感じました。
雄花・雌花・両性花があるようですので観察してみてください。


落ち葉に隠れているものもありますので、くれぐれも柵の中には入らないようにお願いします。(マ) 

2018年1月10日水曜日

小雪(二十四節気)水泉動(七十二候)1月10日~14日 「古地図を読み解く」開催中 茅屋根葺替え

 七十二候は、「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」です。漢字だけではわかりにくいですが、この読みならばなんとなくわかる感じです。地中で凍った泉の水が溶けて動き出す頃、だそうです。しかし、毎日寒い日が続き、これからが冬本番のような気がしますが。「水車」は凍り付かず回っており(写真:上)、小屋の中ではその回転運動を上下運動に変えて”杵”が”臼”を突いています(写真:下)。
   例年より遅いようですが、少しづつ”冬の花”が咲き始めています。「上総の農家」の「ソシンロウバイ」(写真:上)「スイセン」(写真:下左)「コセリバオウレン」(写真:下中)と「風土記の丘資料館」近くの「ロウバイ」の状況です。
 「農家」では、秋に畑から”根っこごと”抜いて乾燥させていた「大豆」(写真:上左の中央)の脱穀作業です。 ”豆のさや(鞘)”は、夏に「枝豆」を食べた時には”緑色のやわらかいさや”でしたが、成熟して”カラカラ”に乾燥した後は”茶色でとても固いさや”になっています。「上総の農家」(写真:上左)「下総の農家」(写真:上右)では、”杵”や”棒”で”固いさや”を割って”豆”を取り出していますが(写真:上)(「クルリ棒」と呼ばれる、”叩く”だけではなく”回転力”を利用した道具なども使います)、これだと”豆”が飛び散り”豆”を一粒一粒づつ集めるのが大変です。そこで登場するのが、脱穀した「米」からゴミを取る際にも使用した「唐箕(とうみ)」です。大きな枝や殻(さや)などを取って、送風している「唐箕」に投入します(写真:中左)。すると、軽い”ゴミ”は珠面から飛ばされ、重い”ゴミ”は左側に落ち、”豆”が右側から出てきます(写真:中右)。さらに、”豆”を選別して粒を揃えます(写真:下左)。「笊(ざる)」には、「大豆」がきれいに揃いました。来年も、おいしい「枝豆」を楽しみにしています。おっと、その前に「節分」の「豆まき」がありますね。
 「上総の農家」では、縄をなっていました。「縄」は、いろいろな使い道があります。「わら」は、やわらかく、加工がしやすく、「稲」の収穫でまとまって量が確保できたので、”米をとったあとの稲わら”を捨てないで”再資源化”して「衣食住」などあらゆることに利用してきました。「衣」では「蓑(みの)」「草履(ぞうり)」、「食」では「米俵」「鍋敷き」、「住」では「屋根材」や「壁の補強材」などにも使われました。現代社会に求められる「エコ」の実践ですね。
 「下総の農家」では「むしろ織り」の実演です。「わら(藁)」を使った「むしろ織り」は、江戸時代になると「むしろ編機」が作られ、農家の副業として発達しました。まず、「むしろ編機」に”経紐”になる”細縄”をセットし、”わら”を5本くらいづつを左右から交互に入れ(写真:上)、その都度”細縄”が通された”可動式の重い棒”で、”わら”を押さえながら織り込んでいきます(写真:下)。「機織り」の「おさ(筬)」ですね。
 「古地図を読み解く」① 「風土記の丘資料館」第3展示室では、トピックス展古地図を読み解く-千葉の陸運・水運-」を開催中です。江戸時代、”北総地方”は「江戸」に近く、「成田詣」「三社詣」などで気軽に訪れることができる観光地となりました。「江戸時代の観光と街道」「古地図に見る千葉」のコーナーでは、”古地図”に描かれた交通路などを紹介するとともに、観光ブック的な「利根川図志」や「成田詣にみる陸運」「鉄道と成田周辺の変化」なども紹介しています(写真:上)。展示室の奥の3枚の絵(図)は、「利根川図志」に描かれた「海獺(あしか)の図」「海獺島を望遠鏡で見たる図」「ツクマヒ図」です(写真:下)。
 「古地図を読み解く」② こちらは、「三社詣にみる水運」のコーナーです。徳川家康の「利根川の東遷」により、「利根川」と「江戸川」を利用することで、遭難する危険の多かった”房州沖”を航海しなくても”太平洋”から”江戸”に船で行くことができるようになりました。その結果、「利根水運」を利用して多くの荷物が江戸に運ばれ、流域には「佐原河岸」「木下河岸」などの「河岸」も発達しました。また、同時に「三社詣」に、「陸運」だけではなく「利根水運」を利用する江戸庶民もいました。
 「古地図を読み解く」③ 「房総のむら」では、平成7年から県内の”昔の建物や町並み”が残る地域を見学する「町並み探検隊」を実施してきました。当然、”北総”に位置する「房総のむら」ですので、”佐倉””成田””佐原”などの”北総”地域が多いわけですが、”野田””我孫子””浦安””木下”など「利根水運」に関連した”町並み”も見てきました。平成27年には「北総四都市江戸紀行」が「日本遺産」に認定されましたが、まさに今回展示の”陸運・水運”による”物流””江戸文化の伝播””庶民の小旅行”などがその原点です。
 日本遺産 北総四都市江戸紀行」とは、北総地域は、百万都市江戸に隣接し、関東平野と豊かな漁場の太平洋を背景に、利根川東遷により発達した水運と江戸に続く街道を利用して江戸に東国の物産を供給し、江戸のくらしや経済を支えた。江戸からは庶民も観光旅行に訪れ、江戸文化を取り入れた独自の町が発展した。特に、城下町の佐倉、成田山の門前町成田、利根水運の河岸、香取神宮の参道の起点の佐原、漁港・港町、そして磯巡りの観光客で賑わった銚子の北総地域の四市は、東京近郊にありながら、江戸庶民も訪れた4種の町並みや風景が今も残り、江戸情緒を体感することができる。成田空港からも近いこれらの都市は、世界から一番近い「江戸」といえる。』というものです。ということは、「房総のむら」は、世界から一番近い「江戸」を感じることができる博物館ということになります。(写真:「成田 香取 鹿島 息栖 細見絵図」に江戸から銚子までの街道を赤色で加筆)
 「安房の農家」の”茅葺屋根”の”葺き替え”工事も進んできました。”茅葺”といっても”茅”という植物はなく、「ススキ」「チガヤ」「ヨシ」などの屋根を葺く”草”の総称です。今回の”葺き替え”は、「主屋」の正面と右側(南・東面)の表層の”茅”の交換と、裏面と左側(北・西面)(写真:中右=足場となる丸太が付けられている)の”差し茅”です。まず、屋根の一番上の”棟”が取り除かれました。千葉県では”上総や安房地方”で多く使用されるという、”棟”の両端の逆U字形の”マクラ”も外されました(写真:上左)。”茅屋根の軒先”を下から見上げると、”茅屋根”が1種類の”茅”で葺かれているのではないことがわかると思います(写真:上右)。今回は、この写真の一番上(表層)の”茅”を替えます(表層の茅を剥がしたところ(写真:上中))。古い表層の”茅”が取り除かれた屋根(写真:中左)に”茅”を並べ、一段が終わると「押し鉾竹(おしぼこたけ)」で押えて上に進みます。「押し鉾竹」で押えるためには、”縄”で”建物の竹組”と連結させなければなりませんが、それが写真下です。先端の穴に”縄”を通した”針のおばけ”のような竹棒を屋根の外側から差し込んで(写真:下左)、”ぶ厚い茅屋根”に”縄”を通し内側で竹組に絡ませ(写真:下中)、”縄”を再び茅屋根の外に戻し”茅”を屋根に押し付けるようにして「押し鉾竹」にしっかり結びます。屋根裏を見ると、今回改修した”新しい縄”がわかると思います(写真:下右)。この連続で、下から上に”茅”を葺き上げていきます。なお、”茅葺”には”縄”しか使いません。

2018年1月6日土曜日

期待通りの「シモバシラ」につく霜柱



 昨日は雨が降り、今朝は0度を下回る気温でした。
ドラムの里の多目的広場も霜で真っ白に輝いていました。





 こんな日は「シモバシラ」(シソ科)という植物に付く霜柱が期待できるので朝一番で確認したところ期待通りの霜柱が見られました。


では、ご紹介します。






Wikipediaでは[霜柱]ではなく[氷柱]との表記があり、下記のような説明になっています。

*シモバシラが生えていたところには、冬になると氷柱ができる。シモバシラの茎は冬になると枯れてしまうが、根はその後長い間活動を続けるため、枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続ける。そして、外気温が氷点下になると、道管内の水が凍って、茎から氷柱ができる。この現象は、地中の根が凍るまで続く。*

一番下の画像は秋に咲いた「シモバシラ」です。(マ)
                                                                               



2018年1月5日金曜日

小雪(二十四節気)芹乃栄(七十二候)1月5日~9日 賑やかな「むらのお正月」でした

 新年を迎え、二十四節気は「小雪」です。雪は降っても、まだそれほどではないとのことですが、今年はどうなんでしょう。寒いです。雪が降るのでしょうか。七十二候は「芹乃栄(せりすなわちさかう)」ですが、「房総のむら」の「芹」はまだ”栄”とはいかず、まだまだ小さいです。 
 「房総のむら」では2・3日に「むらのお正月」を開催しました。 大変寒い中を、開館前から並んでいただきましてありがとうございました。開館前に並んだ方は、先着500名様限定の犬が描かれた「ミニ絵馬」をゲットできたことと思います。
 昼間は、陽射しもあったのですが、時折突風のように吹く強い北風に気温以上に”寒さ”を感じました。(北風がなければ、穏やかな”いいお正月”だったのに)
 先着500名様限定の「ミニ絵馬」(写真:左下)を手にした方の中には、「商家の町並み」「稲荷境内」に奉納された方もたくさんおりました。”お願い”はなんでしょうか?すべての”お願い”が叶うことを”お祈り”申し上げます。 

 こちらは、2日限定のプレゼント「初夢お宝売り」(写真:左下)の様子です。先着400名様限りということで、配布前から大勢の方が並びました。「宝船」を、毎年楽しみにしている方もおりました。「初夢」で、よい夢見るためには”七福神の乗っている宝船の絵に「長き夜の 遠の眠りの皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな」という”歌”を書いた一枚紙”を枕の下入れて眠るとよいとされており、江戸時代には「宝船売」もいたようです。どんな”初夢”を見ましたか?悪い夢を見た場合には、翌朝には”この絵”を川などに流す習慣もあったようですが、、、
 「むらのお正月」では、体験もたくさんありましたが、どの店先もいっぱいでした。「商家の町並み」「瀬戸物の店」では、「絵付け」の体験です(写真:左上)。ご家族での体験ですが、お父さんの絵の細かいことに驚きました。出来上がりが楽しみですね。「商家の町並み」「紙の店」では「押し絵」の体験です(写真:右下)。「風土記の丘資料館」では、「勾玉作り」です(写真:左下)。次は、「琥珀(こはく)」でペンダントでも作って、お母さんにプレゼントしてはいかがですか。今年も、「商家の町並み」に「仲田一夫」さんの作った「凧」が揚げられました(写真:右上)。 
 こちらは、「上総・下総の農家」のお正月の「昔の遊び」です。「上総の農家」の「かるたとり」では、お母さんが”読み手”になって、娘さんとお父さんが”絵札”を競ってとっていました(写真:上右)。「下総の農家」では、”座敷”では「福笑い」(写真:上左)です。庭先では、「独楽回し」や「羽根つき」です(写真:下右)。「羽根つき」は、強い風で大変そうでしたが、ご家族・友達で楽しくやっていました。「ベーゴマ回し」も大繁盛です。「ベーゴマ」が回せるようになった子どもさん(写真:下中央=うれしそう)が、ボランティアさんから”紐の巻き方”を教えてもらっていました(写真:下左)。「ベーゴマ」は紐を巻くのが大変で、それであきらめてしまうそうです。ボランティアさんは、はじめに”紐”を巻いた「ベーゴマ」で”回せる楽しさ”を教え、その後で”紐”の巻き方を教えてくれます。 
 「上総の農家」にも”行列”です。何の行列かわかりますか。「白玉入りおしるこ」(写真:左下)に並んだ行列なのです。
 「上総の農家」の、とても”豪華”な「正月飾り」を見ながら、「白玉入りおしるこ」を味わいます。寒い中でも、餡子(あんこ)の甘さのあったかい”おしるこ”、ホットしますね。 

 「下総の農家」でも、”あったかい食”の体験です。お正月の縁起もの「福茶」(写真:下左)を飲んだ方が「きな粉の味がする」と、そうですね”大豆のお茶”ですね。写真の下中央は、「鶴首かぼちゃ」のポタージュです。「かぼちゃ」というと丸いと思うでしょうが、「へちま」のような形をした”鶴の首のように長い”のが「鶴首かぼちゃ」です。コクがあり、ポタージュで食べるのに最適な「かぼちゃ」です。”かまど”で蒸かされているのは「さつまいも」です(写真:下右)。蒸かしたてを、”フーフー”して食べるが好きです。
 「総屋」2階では「箏(こと)」の演奏です。演奏者は、阿佐美穂芽(あさみほのか)さんです。演奏に入る前に、「箏」について説明していただきました。演奏していただく楽器は「箏」で、「柱(じ)」と呼ばれる可動式の支柱で弦(糸)の音程を調整することができるそうです。ちなみに、「琴(こと)」には「柱」はなく、弦を押さえることで音程を調整するのだそうです。また、”流派”によって”弦を弾く爪”の形が違うことも説明していました。宮城道雄の作曲した曲目などを演奏していただきました。”爪”で弾かれた”弦(糸)”が奏でる「箏」の音色は、なんとも”和”を感じさせてくれます。「お正月」にぴったりですね 
 「商家の町並み」では、「獅子舞」の披露です(2日)。お囃子にあわせて「獅子」が踊り、練り歩きながら”頭を嚙む”しぐさをしてました。”獅子が頭を嚙む”ことで、その人についた”邪気”を食べてくれるのだそうです。”悪魔祓い”ですね。また、同道している「大黒様」は、”打ち出の小づち”を上下に振っていました。”願いが叶う”といいですね。 
 「大道芸」の一つとして「手相」です。巧みな”話術”につられて、皆さんご自分の”手相”を見ています。
 こちらも縁起物の「猿まわし」です。「猿まわし」は、”悪しきを去って、良きことを得る”という縁起のよい芸なのです。本来は、「正月」などのめでたい時に、人家の門口で「猿まわし」を演じたようですが、現在は小道具などを用いショーの要素が多くなっていますので、大勢の方が見やすい「農村歌舞伎舞台」で演じていただきました(3日)。一度で成功しないでおちゃらけるところや、人間の言葉がわかるかのようなふるまいに見入ってしまいました。   
 最後は、「チンドン獅子舞」です(3日)。普通は祭囃子にあわせて踊る「獅子舞」ですが、”鉦”と”太鼓”の鳴物が特徴的なことから”チン””ドン”と呼ばれる派手な衣装の”チンドン屋”の演奏にあわせて踊る「獅子舞」です。「商家の町並み」はもとより、「上総の農家」「下総の農家」「風土記の丘」でも演じていただきました。こちらでも、「獅子」に頭を出して”頭を嚙む”しぐさしていただいていました。 
 「ぼうじろー」も、”頭を嚙んで”いただきました。これで、「ぼうじろー」も”悪魔祓い”ができました。しかし、「獅子」が食べるのは”人についた邪気”かな?

2018年1月2日火曜日

明日3日まで「むらのお正月」開催しています!


房総のむらのお正月企画(むらのお正月)は、平成20年1月から開催していますが、皆様にだいぶ知れわたってきたようで、今日も大勢のお客様で賑わっています。
開館前から入り口に150人を超える方々が列をなしていました。

先着500人の方への干支のミニ絵馬プレゼントは明日3日も行うほか、明日は「猿まわし」「チンドン獅子舞」などを予定しています。他にもたくさんの催しものを用意して、皆様のお出でをお待ちしています。(開館時間は普段と異なり、9時30分~16時です)

平成20年のお正月は三日間で5,482人、昨年は二日で約1万人弱でしたが、さて今年はどうでしょうか。(フ)
(昨年を超えるといいな!このブログをご覧になった貴方にかかっています?)