2018年4月24日火曜日

穀雨(二十四節気)霜止出苗(七十二候)4月25日~29日 ”稲の種蒔き”で「水口祭り」「ボッチ笠」「藍染」「サクラソウ」

 「穀雨」で、田にも十分な水が入りました(写真:左)。動物などに荒らされた”クロ”もきれいに直され(写真:右)、田植えの準備が整ってきました。
 七十二候は、「霜止出苗(しもやんでなえいづる)」です。霜も終わり稲の苗が生長する頃です。でも、「房総のむら」「上総の農家」では、21日に体験者とともに、”苗床”を作り(写真:上左)”稲の種”を蒔いたところです(写真:上右)。稲の苗の生長はこれからです。例年は、水田の”苗代(なわしろ)”に蒔くのですが、今年は”箱”に蒔きました。今回は、正月飾りなどに使う背が高くなる”ヤマトニシキ”と、天皇陛下のお手植えにも使われる”マンゲツモチ”を蒔きました。事前に1週間ほどを”種籾”を消毒液につけておきましたが、”マンゲツモチ”は小さな”芽”が出て(写真:下右)、”ヤマトニシキ”も”芽”とともに”芒(のぎ)”も出ています(写真:下左)。種を蒔いた後には、田に水を入れる場所で”水口祭り”を行いました。一番上の水田近くの”イボタノキ”に、保管しておいた”正月飾り”を立て”季節の花”や”焼き米”を供え、豊作を祈りました(写真:下)。
 農家の畑でも作物の芽が出始めています。”ホウレンソウ”(写真:上左)、”ダイコン”(写真:上右)、”長ネギ”(写真:下左)、”子安三寸人参”(写真:下右)です。
 「上総の農家」の”江戸野菜””のらぼう菜”が大人気です。数年前からの”江戸野菜プロジェクト”の一環で栽培を始めた”のらぼう菜”ですが、”甘みがありくせがない”ためか非常に人気で、朝収穫するとすぐに購入希望者が集まってきて完売してしまいます。もう花も咲き始めています(写真:右)が、花が咲く前にも太めの茎と葉(写真:左)を食べます。生で食べても、”エグミ”もなく”甘さ”を感じます。今月中くらいは収穫できそうです。”江戸野菜”の”食の体験”もしてみてください。
 「下総の農家」の「ぼっち笠」作りです。前にも紹介しましたが、今回は少し細かく紹介します。①”イグサ”を親指と人差し指でつかめる量をとり、根もとを揃えます(写真:上左)。根もとから36cmのところで針金を二巻し、1.5cmのところで切る(写真:上右)。③”ぼっち”の真ん中に編み台の竹棒を刺して、”ぼっち”の部分から編み始めます。3段目ができたら竹棒を抜き上から押しつぶし、3段目のところを”イグサ繩”で縛ります(写真:下右)。これで”ぼっち”ができました。
 次は、笠の部分になります。傘を広げるためには”イグサ”を足していきますが、先が笠の裏側になるように新しい”イグサ”を入れていきます。④4段目からは、笠が広がるように”イグサ”の取り方を少なくしてしていきます(写真:上右)。⑤ボッチの縛ったところから20cmのところまで編み、そこに補強のための”竹ひご”を”イグサ”でとめていきます(写真:中)。⑥最後に、編み残った”イグサ”を三つ編みの要領で編み、内側に出た”イグサ”を切り揃えます(写真:下)。
 ⑦笠ができたら、緒をつければ完成です。笠をきれいに広げるのはなかなか熟練の作業です。”ぼっち笠”を使っている「房総のむら」の女性の方は、「布製の農作業用帽子だと顔にまとわりつくが、”ぼっち笠”だと軽くて風通しもいい」といいますが、最近は”ぼっち笠”を被って農作業する姿もあまり見られなくなりました。でも、この”ぼっち笠”作りの技術は継承していきたいものです。
 「下総の農家」の「足踏み式製繩機」での”繩綯い”の様子です。農家の作業には欠かせない”藁繩”ですが、”縄綯い”はある程度の熟練技術と経験が必要で、大量の縄を作ることは大変な作業にもなります。そこで、明治時代末期に開発されたのが”製繩機”です。”藁縄”は、手作業の場合、”藁”を”よじり”、”ねじり”、さらに”引っ張る”作業を連続することで作られますが、その作業をこの機械が行ってくれます。右側の2つの”ラッパ管”から数本の藁を入れ、2本の”ペダル”を交互に踏むと”クランク軸”、”クランクシャフト”に組み込まれた”歯車”が回転し、”ラッパ管でよじり”が行われ、そののちに”回転でねじり”が加えられながら1本の”よじり繩がねじられます”。出来上がった”縄”は、”引っ張り”ながらドラムに巻き上げられる構造になっています。”製繩機”は足踏み式の後に動力式のものも開発されていますが、”繩綯い”の手作業を忠実に再現するこの機械は優れものです。
 「商家の町並み」「呉服の店」の「藍染」です。これまでも、「呉服の店」で”藍を建てている”ことは紹介してきました(「大寒 款冬華」を参照)が、今回はその”藍”を使った”藍染”の紹介です。店先には、”藍”で染めた布などが展示されています(写真:上左)。今年の1月に建てた”藍甕”に生地やシャツなどを浸して染めます(写真:上右、中左)。その後、水洗いをします。今回はこの作業を2回繰り返しました。”藍染”したシャツなどが干されています(写真:下左)。”藍”も芽をだしています。夏には”藍の生葉染”などに利用します(写真:下右)。
 「上総の農家」では、”孟宗竹”の”節”のところを利用した「竹のぽっくり」作りです。自分で竹を切りますが、”鋸”をまっすぐに引くことが大変そうでした。早速出来上がった「ぽっくり」を履いて、”ポカポカ”歩いていましたあ(写真:上、中)。中には、「ぽっくり」が気に入って、商家の町並みまで歩いてきた子どもさんもいました(写真:下)。初めは”こわごわ”のようですが、慣れてくると楽しそうに歩いていました。
 「商家の町並み」「めし屋」の「せりご飯」の体験です。”かまど”で炊いたご飯に、季節の”セリ”を使ったご飯を作りました。「おいしそうですね」と声をかけると、「ここで作るものはみんなおいしいよ」との回答でした。
 「商家の町並み」では「サクラソウ」の展示も始まりました。今年は、全ての草花の開花が早いようですが、「サクラソウ」もすでに満開状態です。「辻広場」には16種の「サクラソウ」が展示されています(写真:上)。それぞれの店先にも数鉢づつ展示してあります(写真:中)。写真下は左から「大朝日」「重遊の宴」「瑠璃殿」「有明」です。是非、実物をご覧ください。
 「房総のむら」の雑木林の中は、どこを見ても”キンラン”が咲いています。その中でも、今年一番でしょうか、5株が固まって咲いていました(写真:左、右上)。少し離れたところでは20株ほどが密集して咲いていました(写真:右下)。今が盛りの”キンラン”です。
 「上総の農家」の”シラン”が咲きました。見ていると”ハチ”がやってきて、中央の小さな筒の中に入ってしまいました。”ハチ”の大きさから”まさか”と思いましたが、”すっぽり”と頭から入り、少し経つと出てきて飛び去りました。

鯉のぼりの展示をはじめました

4月もあっという間に下旬に突入してしまいましたね。
激しい気温の変化に対応するのにも一苦労ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?

さて、今年も鯉のぼの展示をはじめました。

鯉のぼりの展示風景

むらのかけ橋を渡った向こう側、農村歌舞伎舞台前のおまつり広場で30旒の鯉のぼりが泳いでいます。(「旒」というのは旗やのぼりなどに用いる単位です)
2月から3月にかけて展示した「ビックりひなまつり」に続いて、今回の鯉のぼりも大規模な展示になっています。
来館者の皆さんに鯉のぼりを寄付していただき、このような大規模な展示が可能になっています。
いつもありがとうございます。
なお、展示は5月6日の日曜日までの予定です。

また、5月の3日~5日の3日間は「春のまつり」を開催予定です。
民俗芸能や大道芸、「春のまつり」だけの特別演目など盛りだくさんです。
詳細は当館ホームページでご確認ください。
「春のまつり」のご案内はこちら

ゴールデンウィークは男の子も女の子も大人の方も房総のむらへ遊びに来てくださいね!
皆さんのご来館お待ちしています!

それでは!
     (月)  

2018年4月22日日曜日

小刀作り入門


房総のむらで、18歳以上限定の体験に刃物作りがあります

今日は、小刀作り入門

”入門”といえども、かなり立派な小刀が作れます

真っ赤になった鉄を、カンコンたたいて

かたちを作っていきます

この演目、女性にも大人気

今日も、炉の熱さに負けず、ひたすら鉄を打つ女性の姿が(石)


無事できあがりました!

完成!!





2018年4月19日木曜日

穀雨(二十四節気)葭始生(七十二候)4月20日~24日 閲覧者30万人突破!「雛祭り」「柏餅」 結婚記念ロケ撮影

 二十四節気は「穀雨」です。この日の雨は、少し強い”春雨”でした。”穀物”にとっては、”恵みの雨”となったようで、「上総の農家」(写真:上左)や「下総の農家」(写真:上右)の畑の”大麦(写真:下左)”、”小麦(写真:下右)”もますます青みを増してきています。さて、「房総のむら」のこの「歳時記ブログ」は平成22年7月に開設しましたが、4月14日に閲覧数が30万回を突破しました。閲覧者の方々に御礼申し上げます。これからも、「房総のむら」の年中行事や歳時記、草花の開花状況などとともにイベントなどの最新情報もお知らせしていきたいと思いますので、「房総のむら」に来館前には是非ご覧ください。
 七十二候は、「葭始生(あしはじめてしょうず)」です。「上総の農家」や「下総の農家」近くの池のほとりの”葭”もかなり伸びてきました。
 ”カラスビシャク”です(写真:左)。別名は”半夏(はんげ)”です。”ウラシマソウ”を小さくしたような形をしています。二十四節気「夏至」の末候の七十二候が「半夏生(はんげしょうず)」(カラスビシャクが生える)で、今年は7月2日からです。その”カラスビシャク”がもう”生えて”います。右の写真は、”マムシグサ”です(写真:右)。”ウラシマソウ”に似ていますが、あの”釣り糸”はありません(「春分」「雀始巣」参照)。花の色は薄緑色と紫色があります。”茎”のような部分の文様が”まむし”の”まだら模様”に似ていることから”マムシグサ”と呼ばれているそうです。少し不気味な感じがしますね。
 今年はじめての”ヤマユリ情報”になります。2年前のこの時期の調査では、有料エリア(ふるさと技体験エリア)だけでもおよそ2,600本の”ヤマユリ”が確認されており、単純に面積で計算すると「房総のむら」全体では4,300本ほどの”ヤマユリ”があることになります。その”ヤマユリ”もずいぶん大きくなってきました。中には、先端に落ち葉が付いているものもあります(写真:右)。これは、”ヤマユリ”の芽の先端が尖っているため(写真:左)、地上に頭が出た時に落ち葉を突き通してそのまま大きくなったためです。28年は7月1日、昨年は7月4日に開花を確認した”ヤマユリ”ですが、今年はいつになるでしょうか。
 「武家屋敷」隣の梅園の”梅”です。”梅の実”もずいぶん大きくなってきました。「上総の農家」の「梅もぎ」の体験は、6月2日・3日です。
 4月18日は旧暦の3月3日にあたり、「房総のむら」の農家では「雛祭り」の展示を行いました。もともとは「雛祭り」は年に1回とは限らず、子どもが病にかかるたびに人形を山や川に送り、災厄を除くための行事でしたが、室町時代には3月上巳の行事として行われ、江戸時代になると3月3日に行われるようになったようです。「雛祭り」は、別名「桃の節句」とも呼ばれ、例年ならばこの時期に”桃の花”が咲いているのですが、これまでも紹介してきたように既に”桃の花”の時期は過ぎてしましました。「上総の農家」では、住宅のモデルの大網白里市の「秋葉家」の「雛祭り」を再現しています。座敷に”掛軸雛”を飾り、”甘酒”と”黄粉がのせられた大きな草餅”が供えられています。「安房の農家」では、南房総市旧三芳村の事例の再現です。主屋の”床の間”に”掛軸雛”を掛け、”お膳”には”赤飯・尾頭付・刺身・太巻き寿司”などとともに”甘酒”が並べられ、”草餅”も添えられています。豪華なお膳です。
 「雛祭り」がおわると、次は「端午の節句」です。そして「端午の節句」といえば”柏餅”ですね。ということで、「商家の町並み」「菓子の店」では「柏餅」作りの体験です。指導は、匝瑳市「鶴泉堂」の「大川功修」さんです。①耳たぶほどの柔らかさに捏ねた”新粉”を一握りずつにして蒸したものを臼に入れる(写真:上左)。②”餅”を搗く時と同じく、初めにある程度”杵”でまとめる(写真:上右)。③”杵”で搗く(写真:中左)。”新粉”の”ザラザラ”がなくなってきたら搗きあがりだそうです。④搗きあがったら、まだ熱い状態の”餅”を手で捏ねます(写真:中右)。この作業が一番の重労働だそうです。⑤水に入れしばらく冷やしたのちに、”片栗粉”を入れ再び手で捏ねる(写真:下左)。水も加えながら柔らかな”モチモチ”状態にする。⑥体験者の方々が、出来上がった柔らかな”餅”の表面の”ツルツル”感を触って確かめました(写真:下右)。
 このあとは、大きな”餅”の塊から手でちぎって小さな”団子”を作り、それを手の平で伸ばして”餡”をくるみます。①初めに「大川」さんの”お手本”と説明です(写真:上)。②各人がそれぞれ、団子を手の平で伸ばして皮を作り、餡をくるみます。(写真:中)。③太った”ギョウザ”のような形に出来上がりました。「大川」さんが、確認して手直ししています(写真:下左)。④出来上がったら”蒸篭(せいろ)”に並べて蒸します(写真:下右)。この後で、柏の葉でくるんで完成です。
 今回は、2種類の”柏餅”を作りました。緑色の”柏の葉”に包まれているのが”白みそ餡”、茶褐色の”柏の葉”に包まれているのが”こし餡”の”柏餅”です。葉をめくるとうっすら”餡”の色が判ります。”こし餡”ははもちろんですが、”白みそ餡”が絶品です。みそ汁用の味噌ではなく、お菓子用の味噌を使っているとのことで、しょっぱさはなく甘すぎずおいしいです。そして、とにかく”新粉の皮”が歯ざわりもよく”モチモチ”です。今回もおいしくいただきました。「お茶の店」の2階「喫茶」でも販売したのですが、すぐに完売してしましました。「端午の節句」も旧暦で6月頃に行えば”柏の葉”も今年の”葉”が使えるのですが、この時期ではそうはいかないので昨年の”葉”を使っているそうです。
 「上総の農家」では「たけのこ掘り」の体験です。大きな”たけのこ”もありますが、あまり大きくない柔らかいものを選んで掘っていただきました。竹の根があってなかなか掘りにくそうでしたが、2kgと4kgほどの”たけのこ”をゲットです。お母さんは”たけのこご飯”かな、といってました。”旬”の”たけのこ”を味わってください。
 結婚式を前に、「房総のむら」でロケーション撮影をされたカップルの方がおりました。神社などでのロケーション撮影は聞いたことがありますが、「房総のむら」もいいですね。町並み以外に、”桜”や”菜の花”を背景にしても撮影されていました。お幸せに!

2018年4月18日水曜日

房総のむらの花だより

 本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、上総の農家からむらの架け橋を渡りおまつり広場、安房の農家、下総の農家まで足を伸ばしました。


●ユリノキの別名を「半纏木(はんてんぼく)」と言われるように、葉が半纏の形になってきました。

●チゴユリやウワミズザクラが方々で咲き始めました。

●色々な種類のスミレが咲いています。

●ホウチャクソウも沢山咲いています。

●ジュウガツザクラの花の勢いは頂点を過ぎました。ウコン(桜)の花びらは咲き進み赤みを帯びてきました。

●キンランがあちこちで咲き始めました。ギンランはまだ確認できません。

●アズマネザサのイネ科の特徴を表す花が咲いています。

●ケヤキの垂れ下がった枝で、果実を見ることが出来ました。


--------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。4月13日(金)の観察に基づいています。 (風)


2018年4月14日土曜日

清明(二十四節気)虹始見(七十二候)4月15日~19日 春も深まり”金さん、銀さんも”登場 「学校と博物館」

 七十二候は、「虹始見(にじはじめてあらわる)」です。春も深まり空気が潤ってきて、きれいな”虹”が見られる季節になってきたということのようです。都合よく”虹”は見られませんでしたので、畑から見た「上総の農家」です。”麦の穂”の緑が鮮やかです。最近は、”春の嵐”か強風の日が多く撮影にも苦労していますが、今回も「房総のむら」の春の花を中心に紹介します。
 「風土記の丘資料館」で開催しているトピックス展「学校と博物館」の展示です。「房総のむら」は、昭和51年に開館した「房総風土記の丘」と昭和61年に開館した「房総のむら」が平成16年に統合して、現在の「房総のむら」になっています。「房総のむら」では、二つの博物館時代から学校との関りを重視した博物館活動を行ってきました。その結果、年間に小中学校・特別支援学校など約400校、約3万人の児童生徒さんに、学校団体の校外活動などで利用していただいております。展示では、「房総のむら」と学校のかかわり、最近の学校連携事業なども紹介しております。今後も、「房総のむら」は子どもさんの学習の支援ができるよう、施設の整備や体験学習の充実に努めていきたいと考えております。この機会に「学校と博物館」の展示をご覧ください。
 ”ソメイヨシノ”とほぼ同じ頃に咲いたのが、「上総の農家」の”ナシ”です。”葉”が開き始めると同時に、純白の5枚の”花びら”も開きました。真っ白な花弁に対して、濃い色の雄しべの先端(葯(やく))の目立ちます。
 同じく「上総の農家」の”カリン”です。”カリン”は、”ナシ”より遅れて咲き出しましたが、受粉したようで花の中央部が膨らんできました。
 館内の”ウワミズザクラ”が開花したことは、前回ご紹介しましたが、すでに満開状態の木もあります。小さな花を棒状につけます。近づくと甘いバニラのような香りがします。
 「房総のむら」の春の山野草です。まずは、”キンラン””ギンラン”の登場です。ここ数日で、”キンラン”が急に増えました(写真:左)。雑木林の緑の草の中に、黄色の花が遠くからでもわかります。”ギンラン”も少ないのですが、咲いています(写真:右)。
 「風土記の丘」「水生植物園」の”ミツガシワ”です(写真:上左)。小さな”チゴユリ”が、強い風に振り回されていました(写真:上右)。”ホウチャクソウ”も、雑木林のあちこちで見ることができます(写真:中左)。細い葉の”ホウチャクソウ”の近くに、葉が少し丸みを帯びた”アマドコロ”も咲いていました(写真:中右)。「上総の農家」の庭の”エビネ”(写真:下左)と”サギゴケ”(写真:下右)も咲き出しています。
 こちらは花ではありませんが、”冬の妖精”とも呼ばれ、冬に”真っ白な可憐な花”を見せてくれた”コセリバオウレン”の実です。花の形そのままに、きれいな放射状に実ができています。
 「上総の農家」の”ムベ”も花が咲いています(写真:上左)。「堀割」の”アセビ”の白い花です(写真:上右)。同じ「堀割」の八重の濃い黄色の”ヤマブキ”です(写真:下左)。「武家屋敷」近くの園路沿いの”シロヤマブキ”も咲く始めました(写真:下右)。
 「おまつり広場」の「茶店」周辺の”ミツバツツジ”は、透明感のある薄紫色の花が咲いています(写真:上左)。「風土記の丘」や「旧学習院初等科正堂」の園路など、館内各所でも色とりどりの”ツツジ”が咲き始めています(写真:上右、下)。
 「房総のむら」の”たけのこ(筍)”です。この暖かさのせいでしょうか、”竹藪”のあちこちに”ニョキニョキ”と”たけのこ”が頭を出しています。15日には「上総の農家」(写真:左)で「たけのこ堀り」の体験がありますが、今年は昨年のように”たけのこ”が足りなくなることはなさそうです。「風土記の丘」の「旧平野家住宅」近くの”金明孟宗竹(キンメイモウソウチク)にも、たくさんの”たけのこ”です。中には一直線に並んでいるものをあります(写真:右)。七十二候の「竹笋生(たけのこしょうず)」は二十四節気「立夏」の末候で、今年は5月16日からなのですが、1か月以上早いですね。
 花にやってきた”虫たち”です。”クサイチゴ”にいるのは”モモブトカミキリムシモドキ”です(写真:上左)。ホバリングしながら黄色の”ミツバツチグリ”の蜜を吸っているのは、”ビロウドツリアブ”です(写真:上中)。”ニリンソウ”には、小さな”キリギリスの仲間”の幼虫がジーッとしていました(写真:上右)。”ウコンザクラ”の花の中に”クサカゲロウの仲間”が入っていました(写真:下左)。そして、「上総の農家」の畑の”のらぼう菜”では、求愛行動をする”モンシロチョウ”も見られました(写真:下右)。虫たちの特定は、今回も「昆虫談話会」の方々にお世話になりました。

2018年4月12日木曜日

房総のむらの花だより

  本日は、資料館を出発し、上総の田んぼ、上総の農家からむらの架け橋を渡りおまつり広場まで足を伸ばして、武家屋敷を巡ってから戻りました。

●今日は強い風が吹き、トウカエデの花が枝から落ちていました。高い所にあるクヌギの花も落ちていました。
●ソメイヨシノの花は終わってしまい、ヤマザクラやオオシマザクラ、ベニシダレなどはまだ花を残しています。そして八重のカンザン、ゴショザクラが今、見頃を迎えています。
●いろいろなスミレが咲いています。タチツボスミレ、ツボスミレ(ニョイスミレ)、スミレ、アメリカスミレサイシン、フキカケスミレが見られました。
●センボンヤリの花が、炭焼き小屋下の道のそばに咲きました。
●ヤマグワは雌雄異株で(まれに同株)、雄花と雌花が咲いていました。雌花はすでに果実の形をしています。
●マツヨイグサの花びらはしぼむと赤くなりますが、オオマツヨイグサやメマツヨイグサは赤くなりません。
●コウヤワラビは葉柄に翼が有り、他のシダと区別する目安になります。

---------------------------------
◎以上は、むらの自然ガイドボランティアさんからの写真と記録です。4月6日(金)の観察に基づいています。 (風)   



※自然観察会のお知らせ 
 
  自然ガイドボランティアでは、月に一回、土日のいずれかを利用して来館者を対象とした「自然観察会」を開催しています。 
 4月は下記の予定で行いますので、興味のある方是非ご参加下さい。

○日時 :4月15日(日)午後1時30分から1時間程度(雨天中止)

○集合場所 :総屋前

○今月のテーマ :「桜 梅 桃  何が違うの?」

○参加費 :無料(むらの入場券必要)